HOMEコンプライアンス開示利益相反管理方針の概要

利益相反管理方針の概要

1.利益相反のおそれのある取引の類型

1.直接取引型

当社または当社の親金融機関等とお客様が直接の当事者となって利益相反が発生している状況 お客様と他のお客様が直接の当事者となって利益相反が発生している状況

2.間接取引型

当社または当社の親金融機関等とお客様が競合する利害を有している状況 お客様と他のお客様が競合する利害を有している状況

3.情報利用型

当社または当社の親金融機関等がお客様から入手した非公開情報を利用することにより、当社または当社の親金融機関等の利益を図ることが構造的に可能な状況 当社または当社の親金融機関等がお客様から入手した非公開情報を利用することにより、他のお客様の利益を図ることが構造的に可能な状況

2.利益相反管理の方法

1 取引部門の分離等適切な情報隔壁の設置による情報遮断
2 取引の条件または方法の変更
3 取引の一部または全部の中止
4 利益相反の状況の当該顧客への開示(ただし、当社または当社の親金融機関等が負う守秘義務に違反しない場合に限る)

3.利益相反管理体制

当社内に、利益相反管理統括部署を設置し、利益相反のおそれのある取引の特定および 利益相反管理に関する全社的な管理体制を統括します。 また、これらの管理を適切に行うため、研修・教育を実施し、社内において周知・徹底いたします。

4.利益相反管理の対象となる会社の範囲 

当社の親法人・親法人の子法人のうち、金融商品取引業者・銀行等登録金融機関である会 社が対象となり、現在「上田八木短資株式会社」「上田ハーロー株式会社」「株式会社上田トラディション証券」が該当します。

以上の方針は、「金融商品取引業等に関する内閣府令」に基づく「利益相反管理方針」の概要です。お取引に関し、お気づきの点がございましたら、各取引担当責任者までご連絡ください。

(平成21年5月12日制定)
(平成30年6月1日制定)

Copyright © 2018 Ueda Yagi Securities Co., Ltd.. All rights reserved.