HOME会社情報顧客本位の業務運営方針

会社情報

顧客本位の業務運営方針

上田八木証券株式会社
顧客本位の業務運営方針

この顧客本位の業務運営方針は、金融庁により公表されている「顧客本位の業務運営に関する原則」に従って、金融商品取引法上の第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資助言・代理業および投資運用業(投資一任業務)を営む金融事業者としての上田八木証券株式会社(以下「当社」といいます。)が、顧客本位の業務運営を実現するための方針及び方法等を定めたものです。

方針1 顧客本位の業務運営に係る方針の策定・公表

 当社はここに顧客本位の業務運営を実現するための方針として本方針を制定し、当社ウェブサイト等を通じて公表いたします。また、必要に応じてその内容を適宜見直し、本方針に係る取組状況と合わせて当社ウェブサイト等を通じて公表いたします。

方針2 顧客の最善の利益の追求

 当社は、顧客の最善の利益を追求するために、役職員が高度の専門性と高い職業倫理を持って顧客に対し誠実かつ公正に業務を行い、優れた投資商品への投資機会を提供して参ります。

方針3 利益相反の適切な管理

 当社は、「利益相反管理方針」を策定しており、この方針に基づき顧客の利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引を適切に管理します。

方針4 手数料等の明確化

当社は、顧客が負担することとなる手数料その他の費用等の詳細について、契約締結前交付書面等にて説明します。 投資一任業務に関する契約締結前交付書面等においては、対象有価証券で発生する手数料その他費用等に関する情報も説明します。

方針5 重要な情報の分かりやすい提供

 当社が取り扱う投資商品は多岐に亘りますが、市場リスクがリスクの大きな割合を占める機関投資家向け私募投資信託のような投資商品についてはできるだけ簡素で要点をまとめた書面を用いるのに対し、運用手法、リスク、設定解約条件等が複雑になりがちなオルタナティブ投資商品については詳細な説明が記載されている商品説明資料を用い、顧客に応じて創意工夫をした情報提供を行います。

方針6 顧客にふさわしいサービスの提供

 当社の主要顧客である金融法人及び年金基金等機関投資家の様々な投資ニーズに応えられるよう市場リスクがリスクの大きな割合を占める機関投資家向け私募投資信託からオルタナティブ投資商品まで幅広い範囲の商品探索を行い、各顧客の投資目的に合致した投資商品への投資機会を提供できるように努めます。

方針7 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社の人事考課については、チームへの貢献を含む勤務態度考課や能力考課も重視し、個々の役職員の達成実績に偏らない総合評価を実施します。 顧客満足度の維持・向上には、個々の役職員の能力・達成実績だけではなく、優れた能力を発揮し顧客からの期待に応えることができるチームであることが重要です。そのために、仕事の達成感・働き方・報酬・仕事への誇り等の観点から役職員がその能力を最大限に発揮でき、働きがいのある職場環境を整備し、顧客本位の業務運営を企業文化として定着させていきます。

制 定  平成29年6月22日
改 定  平成30年3月28日

Copyright © 2018 Ueda Yagi Securities Co., Ltd.. All rights reserved.